FXの取引時間

FXの取引時間

FXの取引は、基本的に24時間いつでも行うことができます。
ですが、正確には月曜日の早朝から土曜日の早朝までとなり、銀行が閉店となっている土日には取引ができません

 

また、為替市場は24時間オープンしていますが、
メインとなる市場は、時間帯ごとに変化します。

 

 

 

FX取引時間 
日本時間の早朝は、オセアニア市場が日中にあたります。
その後は、日本を含むアジア市場がメインの時間帯となり、
日本時間の夕方前からはヨーロッパ市場がメインとなります。
日本時間の夜には、ニューヨーク市場がメインとなります。

 

為替の三大市場は、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場ですが、
値動きが活発となるのは、ロンドン・ニューヨークの両市場が開いている日本時間21時から翌1時頃です。

 

また、為替の取引額が最も大きいのはロンドン市場です。

 

為替市場では、それぞれの時間帯ごとに特徴がありますので、
値動きを中心にその特徴を見ていくことにしましょう。

 

【オセアニア時間】日本時間5時〜8時頃

市場参加者が少なく、流動性が比較的低いため、あまり値動きのない時間帯です。
しかし、ニュージーランドの経済指標が発表される日や、為替市場の閉まっている週末に大きなニュースが出た場合には、
大きく値が動くこともあるので、注意が必要です。
週末に大きなニュースが出た際には、前週末のレートからかい離した値から取引が始まることもあります。
(「窓を開ける」ということがあります)

 

【東京時間】日本時間8時〜15時頃

日本やシンガポールを中心に市場参加者が増えてくる為、オセアニア時間と比較して値動きが出てきます。
中でも、ゴトー日と呼ばれる5日、10日、15日・・等、5または10の付く日(土日にゴトー日があたる場合にはその前後)は、
銀行等の値付け(仲値)が決まる9時55分までにドル買いの動きが出やすく値動きが大きくなる傾向があります。

 

また、最近は日銀の金融政策が注目を集めることも多く、金融政策決定会合がある日のお昼前後には大きな動きがみられることがあります。

 

【欧州時間】日本時間15時〜21時頃

16時(夏時間は15時)の欧州株式市場の開始とともに、欧州通貨やドル絡みの通貨ペアで値動きが大きくなってきます。
また、欧州時間の開始時には、それまでの値動きと逆行する動きも多くみられるので、注意が必要です。

 

【ニューヨーク時間】日本時間21時〜翌6時頃

21時を過ぎる頃からは、アメリカからの市場参加者が増加し、為替の取引はピークの時間帯を迎えます。
この時間帯は、値動きが大きくなり、アメリカの経済指標の発表も多くあるため、
乱高下に近い荒れた値動きになることもあります。

 

東京の仲値に相当するロンドンフィックスが1時(夏時間は0時)にあり、特に月末になるとユーロやポンドなどの欧州通貨を中心に値動きが激しくなることがあります。

 

午前2時を過ぎると、欧州の株式市場も終了するため、比較的値動きは落ち着く傾向にあります。
ただし、アメリカでFOMCや議事録公表がある日には大きく値が動くことがあります。

 

FX口座比較トップへ戻る